煎茶 通販なら八女 茶良

日本における緑茶の起源と禅との関係。

お茶の茶良 > お茶について

緑茶の歴史

緑茶は800年以上前から日本で飲まれ続けてきました。

その名の通り、緑色の美しいお茶です。

天然の茶葉に何も加えず、何も引かずに加工されたお茶です。世界のどこの飲み物でも味わえない、天然の葉っぱの味がします。

天然であるがゆえ、その中に含まれる栄養素は数知れず、最近になってあらためてその効用が見直され始めました。

その起源は、鎌倉時代に禅の修行僧である栄西が中国より薬として持ち帰ったお茶の種を九州の背振山に植えたのが始まりと言われています。禅では坐禅により真実の在り方を見極め悟りを開くことが目的ですが、その際五感を研ぎ澄まし覚醒を助けるものが緑茶でした。このような理由から東洋では禅と緑茶との係わり合いが深く、日本文化の茶道もその中で築かれていきました。

この時代の煎茶は現在のように急須に注いだだけで出るものではなく、文字通り茶葉をお湯で煮出した「煎じるお茶」でした。また、茶葉を石臼で粉末状に挽いた「挽茶(抹茶)」が茶道に用いられました。

最初は疲労回復・延命薬として貴重で一部の間でのみで喫されてきたお茶ですが、その後栽培・製造技術の向上にともない武士や一般民衆にも広がり、近代製造工程に「揉み」を加え煮出さなくても簡単にお茶が淹れられるようになり現在の煎茶として親しまれています。

煎茶に比べて玉露が登場したのは遅く、16世紀ごろと言われています。19世紀に六代山本嘉兵衛が茶葉を丸くして炒り売り出してから評判となり本格的に普及しました。

今日世界中の茶市場から見ると緑茶は全体の20%程度。そして日本の茶園の面積は3%、生産量は4%ほどです。

Topへ

メールでお問い合わせ