煎茶 通販なら八女 茶良

現代の匠三十四代松尾太郎五郎久家。

お茶の茶良 > お茶について > 現代の匠

現代の匠

私達がお茶を作っている福岡県八女郡黒木町は、八女茶発祥の地です。

応永十三年(1406)出羽(現在の秋田)の学僧である栄林(えいりん)周瑞(しゅうずい)禅師が、明国から茶の種子を持ち帰り、ここ黒木町鹿子尾村の庄屋であった「松尾太郎五郎久家」に茶の栽培法・製造法を伝授したのが始まりといわれています。

その子孫にあたる三十四代松尾太郎五郎久家に当店茶園の管理をお願いしています。

メールでお問い合わせ